カボチャの効能 有効な成分

今日はカボチャの効能と有効な成分は何かを調べようと思います。 カボチャにはβ-カロテンとビタミンC、ビタミンE、食餌繊維などが豊富に含まれています。 カボチャの果肉の黄色はβ-カロチンの色です。 カボチャに豊富に入っている栄養素によって、免疫力向上と便秘解消、皮膚美容効果を期待することができます。 これにカボチャの効能と成分について紹介します。-カボチャの種に含まれた成分
カボチャの果肉は料理材料として一般的だが、かぼちゃの種も栄養分が豊富に含まれています。 カボチャの種は必須脂肪酸のリノール酸のほかにも骨の発育を助けるマンガン、味覚を正常に維持する亜鉛などが含まれて血中コレステロール分の上昇を抑制する効果を持っており、高血圧の予防、更年期症状緩和に役になります。
-免疫力を高める効果
カボチャに入っているβ-カロチンは体内でビタミンAとして働いて皮膚の粘膜を丈夫にして体の免疫力を高めることにカボチャの効能があります。 皮膚と粘膜はウイルスから身を守ってくれる重要な役割をしています。 また、カボチャにはビタミンCも豊富に含まれています。 ビタミンCは白血球の機能を強化し、自らもウイルスに攻撃する役割もしているため、β-カロチンとのシナジー効果を期待することができます。 したがって、免疫力が高まるものと考えられて風邪をひきにくく、弾力的で丈夫な体を作ることができます。
-便秘改善や貧血を予防
便秘とは、大便の水分が減って硬くさせることで、なかなか排泄しない状態をいいます。 食物繊維は腸の連動ウンドンルル高め、大便の排泄を促進します。 かぼちゃは食物繊維が豊富に含まれて便秘改善に効果があります。 また、かぼちゃは鉄分を多く含まれています。 カボチャを摂取すると、貧血予防に効果があります。
-冷え症や肩こりを予防する効果
冷え症や肩こりは血流が悪化するのが原因で発生しやすいです。 カボチャに入っているビタミンEが体の隅々の血管を広げる役割をして血液循環の改善が期待されます。 したがってビタミンEの含量が野菜の中でも高い含量を持ったカボチャは冷え症や肩こりを効果的に緩和させる作用があります。 ここまでカボチャの効能と成分について調べてみました。

コメント

このブログの人気の投稿

シナモンの効能 何だろうか

コールラビの効能 いくつか調べてみよう

ウコンの効能と副作用