ウコンの効能と副作用

今日は鬱金効能について解説します。ウコンはショウガ科に属する多年生草本植物でウコンと区別されるが、韓国では、ウコンとウコンに混合して呼んでいます。ウコンはショウガ科の植物としてショウガのよう外形を有しており、切断面が濃い黄色を帯びたのが特徴です。
ウコン自体が刺激的な香りと味を持っている生食べるには大変長期保管が難しいため、ウコンの粉や丸、体液に加工して摂取する場合があります。
- ウコン効能は何だろうか?
 ウコンは酸化防止剤、抗炎作用の主成分であるクルクミンを多量に含有していて、スーパーフードと呼ばれているが、炎症と戦って認知症を予防し、がんの危険性を減少させます。ダプジュプ分泌を促進させ、脂肪がよく分解されるように支援するため、脂肪の蓄積を防ぎます。
ウコンは、上記の血流を増加させ、胆汁を促進して消化がよくなることができます。炎症を引き起こす物質の生成を抑制して、免疫力増進に役立ち、血管性認知症と麻痺のような脳血管が塞が起こる疾患を予防してくれます。
米国神経学会誌では、カレーをたくさん食べるインド人はウコンの効能を最もよく活用することで有名だが、アメリカ人よりも、アルツハイマー病の発症率が4倍程度低かったという研究結果が発表されました。アルコールで生成された毒汗や尿で排出されることを助け、二日酔いの解消に役立ちます。
- ウコンの副作用は何だろうか?
胃腸が弱い人がウコンを多く摂取すると下痢が生じてアレルギーがある人にはかゆみが表示されることがあって、多くの量を摂取する際には注意が必要です。ウコンの収穫時期は10月末から11月中旬です。ここまでウコン効能と副作用は何なのかを知ってみました。

コメント

このブログの人気の投稿

シナモンの効能 何だろうか

コールラビの効能 いくつか調べてみよう